ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

【レビュー】リソース管理も楽しい『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』 ―初心者おすすめ怪獣考察

 

攻略tipsはこちら↓

meattrain.hatenablog.com

全怪獣レビューはこちら↓

meattrain.hatenablog.com

 

f:id:jackallsasaki:20190120032921j:plain

【『ウルバト』はこんなゲーム】

 怪獣・超獣・宇宙人を育成するバトルブリーダーとなって、最強を目指したり愛でたりするゲームです。ちなみに、設定では本作の怪獣たちはシミュレーション上の存在らしい。オークションでは毎日数百体のジャミラだのザムシャーだのが取引されていますが、シミュレーションならあんしんですね。これがテレビシリーズなら、プレイヤーたちはたぶん大がかりな陰謀に巻き込まれていて最終的に怪獣たちが実体化して大変なことになるフラグだと思いますが、まあそれはともかく。

 

 本作の特徴の1つは基本無料のゲームにありがちなガチャが無い点。「マーケット」と呼ばれるオークションで競り落としたり、怪獣ごとのDNAから生成したりできる。ガチャが無い分、石(ウルトラストーン。要は課金で得られる通貨)をどうやってやりくりしていくかが重要で、このリソース管理自体が面白さにつながっている点もわりとあります。新規ユーザーは石10000くらい(25000円分くらい)をポンともらえるので、賢くやりくりしていけば微課金でも末長く遊べそう。


 ただ、この「石のうまい使い方」はしばらくプレイしないとわからない点も多い。本作の「マーケット」はかなりの「初心者殺し」「公式の罠」でもある。
 本作の怪獣の初期レアリティは★1から★3まであるが、すべての怪獣を最強・最高レアリティの★6にまで上げられる。進化にはDNAが必要なのだが、このDNAは怪獣の初期レアリティによって価格が異なり、★3の怪獣を★6にあげるより、★1の怪獣を★6にあげる方がはるかに安価で簡単。単に戦力を充実させたいだけなら、レア度の高い怪獣を大枚はたいてマーケットで競り落とすより、クエスト報酬等でもらった★1怪獣の進化に注力したほうがよほどラクなのだ。

f:id:jackallsasaki:20190210192505j:plain


 要は「いかにしてDNAを効率的に集めるか」が重要になってくる。場合によってはショップでDNAを買うより、オークションで安く落とした怪獣をDNAに変換したり、クリアするとDNAをもらえるクエスト(毎日4回まで挑戦でき、課金で挑戦回数を増やせる)を回した方が得だったりもする。繰り返しになるが、この石のやりくり自体が「限りある予算の中で、節約方法を編み出しつつ怪獣を育てていくブリーダー」チックな体験をさせてくれて意外と楽しくもある。ガチャを排し、課金すれば欲しいものはちゃんと手に入るシステムならではとも言える。

 


【初心者におすすめの怪獣は?】

 

 前も書いた通り、どの怪獣も最高ランクの★6にできるので「好きなヤツを育てればええがな」で終わるんですが、やっぱり「使いやすさ」「入手しやすさ」「育てやすさ」の差はあったりする。1匹の怪獣を★6にするのにはけっこうな手間がかかる。なので「★6まで育てやすく、それなりに出番が多い」ヤツを考察していこうかと思う。

 

※基礎知識※
●怪獣はのどれかに必ず属しており、に強く、に強く、に強いという3すくみの「相性」がある。相性がいいとダメージが1.3倍、被ダメージが0.7倍になる。

●怪獣の「攻撃タイプ」は近距離(射程1)と遠距離(射程2)がある。遠距離のほうが応用が利きやすいぶん、使いやすい気はする。絶対遠距離の方が優れているというわけではないが、さすがにチーム5匹が全員近距離だと攻め手が遅れる場合もある。
「初期レアリティ」はショップ(4時間ごとに更新、毎回1回だけ品揃えを更新できる)で買えるDNAの値段に大きく関わる。★1は100個で石50、★2は100個で石130、★3は100個で石140。期間限定マーケットでのみ入手できる★3は50個で石80。ご覧の通り、初期レアが★1の怪獣はぶっちぎりに安く、★1と★2では最終進化までに必要になるDNAの数は200個しか違わないため、かかる費用だけを考えれば★1を育てるのがいちばん効率がいい。

 

 怪獣の名前の横には相性/攻撃タイプ/初期レアリティを記しております。あと怪獣のステータス画像はあくまで参考程度に。レベル、スキルレベル、スキルの発動状況、継承スキルの種類などでだいぶ変わります。

 

【チュートリアルで手に入る怪獣】

 ゲーム開始直後にベムラーが入手でき、その後マーケットのチュートリアルでジャミラ、恐竜戦車、グドンのうち1匹を入手できる。
 ベムラー以外の3匹は★6までの強化はキツいが、初期の戦力としては充分。本格的に育てようとするとDNAクエスト解放のために改めてマーケットで落札することになると思うし、あまり考えずに好きに選んでよいです。


宇宙怪獣 ベムラー /近/★

f:id:jackallsasaki:20190522003746j:plain

 スキルはどれも攻撃性能を強化するもので、非常にシンプル。固有スキルは敵を倒すと攻撃力(最大強化で必殺攻撃力も)が2ターンアップする「追い立てる悪魔」。必殺技「ペイル熱線」はT字型4マスの広い範囲を攻撃できるのが強み。“単純に強い”というクセの無いのアタッカー。多くのアタッカーにも言えるが、接近しないと攻撃できないわりに打たれ弱いので、高難易度クエストでは囮のタンク役を用意するなどケアが欲しいところ。


棲星怪獣 ジャミラ /近/★★★

f:id:jackallsasaki:20190210171006j:plain
 「相手を弱らせてから一方的に攻める」という戦術好きな人向けの、いわゆるデバッファー(弱体化が得意なユニット)。ジャミラは緑の地球がよほど憎いのか、の相手を徹底的に弱化する。また、固有スキルや必殺技の効果で相手を「火傷」の状態異常にできる。このゲームの状態異常は普通のクエストではわりと地味な立ち位置だが、強敵相手(ウルトラヒーロー降臨イベント等)では生命線になることもあるので、使えるにこしたことはない。デバッファーとしての能力自体はそれなりなのだが、相手でないと実力が発揮できない、という点で少々汎用性に欠けている。

 

戦車怪獣 恐竜戦車 /近/★★★

f:id:jackallsasaki:20190210170955j:plain

 「ガンガン攻めたい」タイプの人向けの、攻撃・必殺・命中に特化したアタッカー。似たような立ち位置ののアタッカーとしては、スキルが優秀なゼットンがいるため少々分が悪い。また、ジャミラやグドンと比べると「こいつならではの強み」というのがイマイチ薄いのは否めないが、序盤の戦力としては十分。通常攻撃が地属性なのが特徴だが、地属性が弱点の怪獣は今のところ少なめ。

 

地底怪獣 グドン /遠/★★★

f:id:jackallsasaki:20190210170942j:plain

 「堅い怪獣で相手をひきつけ、他の怪獣で攻める」という、知略派のバトルがしたい人向けの、HPと防御が高く打たれ強いタンク型。スキルが非常に優秀で、一定の確率でダメージを軽減する「ガード」、ガードした時に攻撃対象を自分に限定し、なおかつHPを回復する固有スキル「陽動するムチ」を持つ。タンク型の中でも、囮としての性能はモチロン(/近/★★★)と並んでトップクラス。ガードの発生は運しだいなので確実性ではモチロンに負けるが、しぶとさでは勝る。

 

【メインクエスト報酬で手に入る怪獣】

 各Actのメインクエストをハードまでクリアすれば、ノーマルミッション報酬でもらえるDNAで★3まで進化可能。マーケットには今のところ出品されていないためDNAクエストは出てこないが、ショップで安価にDNAを買えるので★6までのハードルは低い。限定マーケットの怪獣と比べると固有スキルの汎用性の低さが目立つが、戦力としては十分。


宇宙海人 バルキー星人 /遠/★

f:id:jackallsasaki:20190522231033j:plain
 Act.1クリアのノーマルミッション報酬。スキルはどれもHPと回避をアップさせる、自身のサバイバビリティを高めるものばかり。サメクジラの後ろでイキってたこいつらしい能力。とは言え、素のHPが低いのでHPアップはこいつ自身にはあまり恩恵が無い(スキルによるステータス上昇は、素のステータスに倍率を掛けるため)。固有スキルは「火属性の攻撃を受けた時」とあまりにも出番が少ない。前線で戦うよりはサポート向きの性能。能力はバランス型に見えるが、実は回避の高さは全怪獣の中でもトップ10に入るほど。デスレムから「回避 大アップ」などの継承スキルを受け継げば、あらゆる攻撃をヒョイヒョイかわす回避型タンクとして活躍できる。それだったら最初からデスレムを育てたほうがラクなのも確かだが、バルキー星人が好きで好きでしょうがない人は回避重視で育ててみるのもいい。


破壊獣 モンスアーガー /近/★

f:id:jackallsasaki:20190522003850j:plain
 Act.2クリアのノーマルミッション報酬。肩書は破壊獣だが、やっていることは守護者でありタンク型。モンスアーガーは固有スキルで攻撃するたびに最大HPが上がるので、長期戦だと意外にしぶとくなる。残念なのは、こいつが持つ「運アップ」系のスキルは、モンスアーガー自身の元々の運がかなり低いため上昇率も低く恩恵が薄いこと。タンク型ならやはり耐久面のほうを伸ばしたい。同じく安価に★6にできる防御型タンク、エースロボット(/近/★)と比べると、初期継承スキルがやや心もとない。


宇宙昆虫 サタンビートル /近/★

f:id:jackallsasaki:20190522012720j:plain

 Act.3クリアのノーマルミッション報酬。カブトムシっぽいが顔はハエ。原作では毒のゴミで攻撃していたが、『ウルバト』でも毒特化の怪獣。通常攻撃・必殺技の両方が毒属性で、相手を毒状態にすることもできる。現状、毒が必須になるような状況はパッと思いつかないが、ここまで特化していると将来性はあるかもしれない(無いかもしれない)。必殺技の範囲が広いのも特徴で、必殺技は2マス先の1マスとその上下左右、合計5マスを攻撃できる。


超古代怪獣 ゴルザ /近/★

f:id:jackallsasaki:20190522003830j:plain
 Act.4クリアのノーマルミッション報酬。HPは低めだが、遠近両方の防御アップスキルがあるのである程度カバー可能。ステータス配分はバルキー星人とほぼ同じで、回避寄りのバランス型。数値だけ見れば微妙に思えるが、「そこそこ硬くてそこそこ避ける」のは、敵に回してみるとわかるがけっこう厄介。ただ、自分で使う分にはかなり継承スキルでテコ入れしないと厳しいモノがある。

 

宇宙有翼骨獣 ゲランダ /近/★

f:id:jackallsasaki:20190522012745j:plain
 Act.5クリアのノーマルミッション報酬。映画のみの登場で噛ませ犬的な扱いだったけど、特異なシルエットがカッコ良すぎる1匹。ステータス・スキルは命中と攻撃特化で、堅実にダメージを与えていくことができる。「障害物を壊すと最大HPアップ」という固有スキルは状況を選び過ぎるが、このステータス配分で遠距離型なのはゲランダとメカゴモラくらいなのでなかなか貴重。「遠距離タイプの攻撃力中アップ」のリーダースキルも優秀なので育てて損はない。オススメ。


宇宙海獣 レイキュバス /遠/★

f:id:jackallsasaki:20190522225115j:plain

 Act.6クリアのノーマルミッション報酬。2つの状態異常(凍傷と火傷)を使い分けられる珍しい怪獣。どちらも毒と同じくターン継続ダメージの効果で、大逆転を狙えるようなものではないが、強敵相手には有用な効果。固有スキル「灼熱の炎」は攻撃した相手を確率で火傷状態にするもので、最大強化すると回避を中ダウンさせる効果も付き、これがなかなか便利。★6で取得する継承スキル「命中 小ダウン(全)」は役立つ場面が多い。バランス型の能力で特化した強みがない一方、育て上げれば強い大器晩成型と言える。

 

邪悪宇宙生命体 ワロガ /遠/★

f:id:jackallsasaki:20190522012807j:plain

 Act.7クリアのノーマルミッション報酬。移動力3の遠距離型で、かつアタッカー向きのステータス。ゲランダと並んでの火力としては十分すぎる性能。あまり打たれ強くは無いので、固有スキル(HP回復)と必殺技追加効果(回避率アップ)はそれほど有効には使えなかったりするが、無駄にはならない。


【ミッション報酬で手に入る怪獣】

隕石怪獣 ガラモン /遠/★★

f:id:jackallsasaki:20190522012946j:plain
 ノーマルミッション報酬でDNAが手に入るタンク型。ショップでもDNAを買えるが、初期レア度が★2なのでやや高い。速の防御型タンクにはでサポート性能が強力なグローカービショップ/近/★)や、シンプルで扱いやすいアントラー/近/★★)などがいるので少々影が薄い。個人的にガラモンは大好きなのだが、正直、★6まで育てても今のところあまり出番はなかったりするので趣味の範囲。

 

 配信直後は経験値&ゴールドアップのスキルを持つカネゴン/近/★★)も配布されていた。戦力としては正直イマイチなのだが、クエスト周回には役立つので余裕があるなら育てて損は無い1匹。

 

【ショップで安価な★1怪獣】

 ★1怪獣の利点は、ショップでのDNAが圧倒的に安いこと。以下の2匹の他、上で紹介したゲランダワロガも普通に強い。

 

ロボット怪獣 メカゴモラ /遠/★

f:id:jackallsasaki:20190210193228j:plain

 マーケットに並ばないショップ限定怪獣。必殺技特化のアタッカーで、スキルも必殺技攻撃力を上げるものが揃っている。は遠距離タイプの怪獣自体が少ないので、こいつを率先して育てる意義は充分。ゴモラ(/近/★★★)に明確に負けているのは必殺技の範囲くらい(それでもT字4マスなので十分に広い)。


光ノ魔王獣 マガゼットン /近/★

f:id:jackallsasaki:20190210162637j:plain

 ★1とはいえゼットンはゼットン。素の攻撃力が高く、スキルや必殺技でさらに攻撃力を上げられる。所持者の少ないSPアップの継承スキルを持ち、相手の回避率を下げる固有スキルも便利。とりあえずの火力が欲しい、という人にはオススメ。

 

【即決マーケットで購入すべき怪獣】

f:id:jackallsasaki:20190210193656j:plain

 ゲーム開始後に2回だけ、格安かつ即決で怪獣を落札できる即決マーケット。期間限定以外のものならだいたい出品されていたはず。どうせなら★3のものを落としたいところですが、まあホント好きなやつを選んでいいんじゃないでしょうか。現状、一般マーケットの怪獣ではズバ抜けた汎用性を誇るゴモラ(超振動波)は即決マーケットの対象外らしい。ぶっちゃけた話、一般マーケットに出品されている怪獣はよほどのことがない限り底値+100~200程度で買えるので、即決マーケットが超絶おトクというわけではなかったりする。

 配信半年後に行われたハーフアニバーサーリーイベントでは「即決マーケットプレミアムセレクション」として限定マーケットの怪獣も期間限定でラインナップされ、EXゼットンやギャラクトロンなどの人気怪獣もお安く買うことができた。ただ、このときは全ユーザーの即決マーケット権が復活していたので、即決マーケット権を温存しておく必要性は薄いと思われます。

 

【結局、どいつを育てればいいのか?】

 序盤はやはり遠距離アタッカーが欲しい。メインクエストは障害物が出てくるステージもそれなりに多く、相手との位置が離れている場合も多い。

 個人的な意見としては、メカゴモラゲランダワロガは(あまりアタッカー向きの性能ではないが)レイキュバス辺りのDNAを集中的にショップで購入して、★6まで進化させてしまえばしばらくはスムーズに進められると思う。

 アリーナにも挑戦したいという人は、回避型の怪獣を防衛チームに入れておくと活躍してくれるのでオススメ。回避型ではマガバッサー巨大ヤプールデスレムが人気。

 高難易度クエストのクリアも範疇に入れるなら、攻撃集中効果を発揮して囮になれる怪獣が1~2匹いると役に立つ。ならモチロンならグドンなどがいる。限定マーケット怪獣も含めるなら、ガンQピッコロが使いやすい。


 とかいろいろ言ってますが、おれが最初に★6にしたのは限定マーケットでのみ手に入るメフィラス星人(/遠/★★★)でした。好きなんだもん。時々開催される「DNAクエストの報酬2~3倍イベント」期間は限定マーケット怪獣のDNAを効率的に集めるチャンスなのでガンガン回しましょう。

f:id:jackallsasaki:20190210164827j:plain

f:id:jackallsasaki:20190210164851j:plain

  以上です。

 

※参考サイト※

ダダ116号のウルバト怪獣研究所

 各怪獣の基本ステータスはもちろん、レベル10にした固有スキルの効果、必殺技の範囲、スキル逆引き等、ゲーム上では確認が難しいデータも揃っている。最近更新が滞っているのがちょっと残念。