ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』―「力」全怪獣レビュー

 『ウルバト』、どの怪獣も最高レア度にできるし、ガチャは無いし、戦略シミュレーション的なバトルで怪獣の強さを再現しようという気概が感じられて良いんですよ…。そういうわけなので全怪獣のよさみを書きたいので書きました。おれも全怪獣を育て切ったわけではないので、フレの怪獣を使った感触とか、あるいはスペックを見て想像で書いてる部分もあるので参考くらいにしといてください。※2019/7/16更新

meattrain.hatenablog.com

meattrain.hatenablog.com

 どの怪獣にも個性と役割があるのは確かなんですが、「汎用性」に差があるのも事実。というわけで、「どんなクエストにも連れていける=汎用性高し」という観点から、ABCDEの5段階で評価をしています。汎用性が低いからといって弱いわけではなく、特定の状況ではすさまじい性能を発揮したりします。「防衛適正」は、アリーナの防衛に向いているかどうかの評価になります。

 個々の怪獣向いた「役割」についても自分なりに評価。詳細は以下。

・アタッカー=攻撃役の怪獣。

・タンク=高い防御、あるいは回避率を活かし、相手の攻撃を引き付ける怪獣。

・バッファー=バフ(味方の強化)に優れる怪獣。

・デバッファーデバフ(相手の弱化)に優れる怪獣。

・ヒーラー=自分以外の味方を回復できる怪獣。

 は、他の相性と比べて近距離型が多め。近距離型は攻撃・命中にアップ補正がかかるので、数値以上にパワフルと言える。ガンQ、モチロン、スカルゴモラといった優秀な防御型タンクが多い反面、回避型タンクは少なめの傾向にある。単なる脳筋というわけではなく、相手(特に相性)を弱らせるデバッファーも充実している。ロボット怪獣が多いわりに、宇宙人は今のところ1体もいないのも特徴。

■もくじ

 

【力・★1】

宇宙怪獣 ベムラー /近/★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522003746j:plain

 チュートリアルで入手でき、必殺技を試し撃ちされる役としてもおなじみのウルトラ怪獣第1号。相手を倒すと攻撃力&必殺技攻撃力が中アップする固有スキルをはじめ、自らの火力を高める手段が豊富。範囲が広めな必殺技も優秀だ。その反面、やや打たれ弱く足も遅いので、性能を存分に発揮させるためには相手に攻撃されないような位置取りやタンク役でのカバーが必要となる(これはどのアタッカーにも言えることだが)。
 の移動力2の近距離型アタッカーはかなり層が厚いため、他の怪獣が手に入っていくにしたがって影が薄くなっていく印象は否めないが、シンプルな性能で初心者にも扱いやすい。

 

超人ロボット エースロボット /近/★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:雷
・タンク ・汎用性:D ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522005638j:plain
 高いHPと防御力で、相手の攻撃を耐えるタンク役。固有スキルは低確率で反撃発動+運 小アップという効果だが、もともとの攻撃力・運が非常に低いので、おまけ程度の存在(反撃時のダメージは攻撃力が参照される)。とは言え、守りの薄いアタッカー相手なら反撃でもそれなりの痛手を与えられる。エースロボットの命中率はかなり低いが、反撃は発動さえすれば確実に相手に当たるのも利点。
 注目すべきは所持継承スキルで、「防御力 中アップ」が★5で手に入るのは非常に貴重。継承役としての需要があるのか、★1にしては珍しく、マーケット(オークション)でも毎回それなりの入札がある。このスキルと「HP 大アップ」、さらに必殺技の追加効果も相まって、新たにスキルを継承させなくてもじゅうぶんな耐久を誇る即戦力。

 

超古代怪獣 ゴルザ /近/★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:水
・タンク ・汎用性:E ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522003830j:plain

 メインクエストAct.3クリアミッション報酬。正統派な見た目からは想像できないが、パラメータ配分はナースと同じで、回避型タンク向き。ネロンガと並んで、の中ではトップの回避と運を誇る。…が、メジャーな回避型タンクと比べると数値自体はやや低めなので過信は禁物。
 回避型タンクの多くが固有スキル・必殺技効果で回避率や攻撃面を強化できるのに対し、ゴルザは防御力を強化するスキルが多い。結果、「そこそこ回避してそこそこ堅い」という、よく言えばバランスタイプ、悪く言えば中途半端な性能になっている。固有スキルの発動条件が「味方が倒されたとき」というのも、率先して攻撃を受けるべきタンクにとっては噛み合いが悪い。運用にはかなりのセンスが必要とされる。


破壊獣 モンスアーガー /近/★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・タンク ・汎用性:D ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522003850j:plain

 メインクエストAct.2クリアミッション報酬。肩書こそ破壊獣だが「遊星の守護者」でありタンク型。固有スキルは攻撃するたびに最大HPが小アップするというもので、他に類を見ないユニークな効果。アップした分のHPは回復するため、疑似的なHP回復スキルとも言える。効果は永続的に続くので、バトルが長引けばかなりタフになる。短期決戦がほとんどの『ウルバト』では、持久戦に強いという長所を活かせる場面はあまり無いのだが。
 運アップ系のスキルが充実しているが、元々の運が低すぎる上に、攻撃役ではないこいつにとってはほとんど恩恵は無い。なんとも惜しい。

 

超古代怪獣 ファイヤーゴルザ /近/★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・バッファー ・汎用性:D ・防衛適正:E

f:id:jackallsasaki:20190522003909j:plain

 見た目は『ティガ』に登場したゴルザ(強化)そのものなのだが、資料によって同一怪獣だったり別怪獣だったりでわりとややこしい(なので出典は『ウルトラギャラクシー』)。固有スキルは2ターンの間、味方の攻撃力と運を中アップするというそこそこ強力なものだが、「相手と味方、両方に隣接した状態で行動を終える」という固有スキルの中でも相当クセのある発動条件を持つ。どの位置に、どの順番で味方を置くかがかなり重要。使いこなすにはレイオニクスばりの戦術眼が必要かもしれない。★1怪獣としては珍しく、最初から継承スキルを4つ持っている(こいつの他にはケルビムとガンダーのみ)。


硫酸怪獣 ホー /遠/★(イベント限定)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/毒 ・弱点:氷
・デバッファー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522005612j:plain

 イベント期間中のみ発生する、レア怪獣DNAクエストで入手できる。泣きながら相手に向かっていく攻撃モーションはなかなか可愛い。

 必殺技を受けた時、次のフェイズ終了時まで相手の防御力と運を中ダウンさせる固有スキルを持つ。防御力はともかく、すでに行動を終えた相手の運を下げてもあまり意味はないのだが…。「必殺を受けた時」が発動条件の固有スキルは、基本的に回避した時も発動する。できるだけ回避率を高めて生存し、複数回発動できるようにしたいところだが、ホー自身の回避率は並程度。正直なところ、この固有スキルを戦術の核にするのは少々厳しい。

  ホーの最大の強みは「攻撃 中ダウン(技)」のリーダースキルにある。の弱化に長けたデバッファーは意外と層が厚いが、ジャミラやエレキング、マガパントンのリーダースキルと比べてもひときわ強力な効果と言える。アリーナの攻防で怪獣に手を焼いている人は、これらの怪獣のデバフ系の継承スキルをホーに集中させてみるのも面白い。

 

ロボット怪獣 メカゴモラ /遠/★(ショップ限定)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/闇 ・弱点:水
・アタッカー ・汎用性:B ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522223028j:plain

 にせウルトラセブンを作ったサロメ星人謹製のロボット怪獣。原作ではゴモラの性能を上回るとされていたが、『ウルバト』でも使いやすさではのゴモラをはるかに上回る。★1で育てやすいのも利点で、初心者のメインクエスト攻略から高難易度クエストまで幅広く活躍してくれる。

 必殺特化の遠距離アタッカーで、常時ガード&必殺技攻撃力小アップの効果を発揮する固有スキルを持つ。継承スキルのガードと比べると発動確率は低いものの(最大25%)、継承スキル枠を取らないことを考えれば贅沢は言えない。必殺技はT字型の射程で複数を巻き込みやすいうえ、必殺技攻撃力 小・中・大アップを継承したうえで、リーダースキル・固有スキルの効果も含めれば3000を超える超威力になる。この一撃を耐えられる相手はそうそういない。

 

【力・★2】

透明怪獣 ネロンガ /近/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/雷 ・弱点:毒
・タンク ・汎用性:D ・防衛適正:B

f:id:jackallsasaki:20190522003941j:plain

 ではゴルザと並び、貴重な回避型タンク。固有スキルは、回避に成功するとそのフェイズ中潜伏効果(相手の攻撃対象にならなくなる)を発揮するというもの。敵は他の味方を狙うようになるわけで、敵の攻撃をひきつけたいタンクとして考えると一長一短な効果でもある。ネロンガが敵陣に単騎で突入していればうまく撹乱できるが、ネロンガ自身の移動力が低いのでそれもやりにくい。ちなみに必殺技の効果が発動すると、移動力は驚愕の「6」にまでアップする。
 味方を守るタンクとしては少々扱いが難しいが、自身のサバイバビリティは非常に高く、アリーナ防衛ではかなりの適性を誇る。ただ素の回避率がイマイチ高くないため、自身の継承スキルだけでなく、味方のバフ・デバフスキルも活用しないと意外と突破されやすい。


どくろ怪獣 レッドキング /近/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/地 ・弱点:毒
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004005j:plain

 イメージ通りの脳筋アタッカー。味方が倒されるとブチ切れて必殺技攻撃力が大アップ、さらに最大HPも中アップする。倒されても復活するor復活させる固有スキルを持つグローザムやジェロニモンとの相性はなかなかのもの。最大HPアップは継承スキル「反撃」とそれなりに噛みあっているが、元の耐久は低いのであまりアテにしてはいけない。
 肝心の必殺技は威力こそ高いが攻撃範囲は1マスのみ、追加効果も「鈍化」(移動力ダウン)を与えるだけと少々地味。ただの岩石投げなのでしょうがないのだが…。とは言え、スキルの効果もあってとんでもない威力を叩き出すこともある。イベント「決戦!Uキラーザウルス」では暗闇耐性も相まってそれなりの活躍を見せた様子。


カプセル怪獣 ミクラス /遠/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:地/火 ・弱点:雷
・バッファー ・汎用性:B ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004028j:plain

 層が薄めなの遠距離型の中でも汎用性は高く、オススメの1匹。かつては限定マーケット専売だったが、現在は一般マーケットで入手可能。ウルトラセブン降臨イベント(復刻)ではのウインダム、のアギラと共にセブンを守る壁となった。

 味方を強化するのが得意で、いかにもカプセル怪獣らしいサポート役。継承スキルのことも考えると中心のチームがいちばん活躍できるが、固有スキル、必殺技効果は以外の味方にも有効。ミクラス自身もそこそこアタッカーとしての役割を果たせる。
 固有スキルは待機したときに、隣接する味方の移動力と命中率をアップさせるもの。味方の移動力を上げられるスキルは非常に珍しく、位置取り次第で複数の味方に発動することも可能。


双頭怪獣 パンドン /近/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:水
・アタッカー ・汎用性:C ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004058j:plain

 固有スキルの効果で、2ターンごとにSPと攻撃力がアップする。相手の防御力を大ダウンする必殺技はなかなか強烈で、アタッカーとしては申し分ない。『ウルバト』のセブンは体調万全なようだが、この性能なら守りの硬いセブン相手にもじゅうぶん有効打を与えられる。総じて、シンプルに使い勝手のいい怪獣と言える。
 所持継承スキル「ガード」は打たれ弱いアタッカーの生存性を高めてくれるが、攻撃面を強化するスキルとどちらが有用かは悩ましいところ。


再生怪獣 サラマンドラ /遠/★★
・移動力:3 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004114j:plain

 原作ではバラバラに四散しても即座に復活するというわけのわからない不死身さを披露していたが、『ウルバト』では残念ながらそこまでの再生能力は無い。固有スキルは必殺技を受けた時にHPが中回復し、防御力が中アップするというもの。素のHP・防御力はそれほど高くないので、格下以外の相手から必殺技をまともにくらうと再生細胞ごと消し飛んでしまう。同じく必殺技を受けた時が発動条件のホーやファイヤーウインダムと比べると、回避率がだいぶ低めなのが気になるところ。その再生能力を最大限に発揮するには、ぶつける相手・タイミングを選ぶ必要がある。の移動力3・遠距離型は貴重だが、ジェロニモンという強力なライバルがいるのであまり目立たない。


宇宙戦闘獣 超コッヴ /近/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:風
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004127j:plain

 原作では生物兵器然とした凶悪な外見に反し、いろいろと気の毒な境遇だった怪獣。駄々っ子みたいなモーションが意外に愛らしい。
 固有スキルは攻撃を受けると発動し、SP獲得率が小アップ&命中率が中アップする。効果自体はそこそこ有用なものの、元があまり打たれ強くないので互角以上の相手だと1回発動できれば御の字。同じ発動条件を持つゴモラやキングオブモンスにも言えることだが、「HP 大アップ」や「ガード」等、耐久面を強化するスキルを1つ継承させておくといいかもしれない(元の回避率が低いので回避アップ系は微妙)。所持継承スキルはだいぶ散漫としているので、必殺か攻撃に特化させたい。


水ノ魔王獣 マガジャッパ /近/★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:毒/毒 ・弱点:火
・デバッファー ・汎用性:C ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522005723j:plain

 能力ダウンに長けたデバッファーで、存在自体が災害級な魔王獣らしい性能。リーダースキル「命中 小ダウン(全)」は汎用性が高く、今のところ所持しているのはマガジャッパだけ。通常攻撃・必殺技がともに毒属性で、固有スキルで敵を毒にすることもできる。毒属性を弱点にしている怪獣は意外と多い。
 命中率・回避率ダウンに防御(遠)ダウン、毒状態付与といろいろな手段で相手を弱化できる。相手の命中率を大ダウンできる必殺技は範囲が広く、複数の相手を巻き込みやすいためなかなか優秀。回避型タンクや命中率ダウンに特化したデバッファーと組ませた、回避チームを作りたい時の一候補になるか。マガジャッパ自身の回避率もそこそこ高い。

 

【力・★3】

棲星怪獣 ジャミラ /遠/★★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:水
・デバッファー ・汎用性:D ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522004236j:plain

 緑の地球がよほど憎いのか、を弱らせるスキルに長けている。マガパンドンの所持継承スキル「必殺技攻撃力 中ダウン(技)」も継承させれば、怪獣の防御力(近)以外の全ステータスを下げることが可能。その一方での相手には火傷と必殺技攻撃力 中ダウンくらいしか与えることができず、相性による有利・不利が極端。
 ホーの項でも述べたとおり、アンチ怪獣は意外と多いが、継承スキルの特化ぶりではジャミラが群を抜く。デバフという観点から見れば、固有・継承スキルはイマイチだがリーダースキルが優秀なホーか、継承スキルが充実しており完成形までに手間がかからないジャミラの2択になると思う。


古代怪獣 ゴモラ /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/地 ・弱点:水
・アタッカー ・汎用性:E ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004259j:plain
 攻撃を受けた時に必殺技攻撃力・運が中アップする固有スキルに加え、レアな継承スキル「反撃」を持つ。しかし、パラメータ配分はHP・回避率が低めの典型的アタッカーなので、どちらも活かしにくい。格下相手のメインクエストならともかく、高難易度クエストやアリーナ防衛では雄叫びも反撃も繰り出せないまま沈みかねない。必殺技は範囲が広く、攻撃力 大アップのオマケもついているのでなかなか優秀。SPアップ系のスキルを継承させて必殺技砲台にするのがいちばんかもしれない。
 人気怪獣のわりに『ウルバト』では少々扱いづらく不遇な立場だったが、のゴモラ(超振動波)は一転して汎用性が高く、初心者にもおすすめできる1匹となっている。

 

怪獣酋長 ジェロニモン /遠/★★★(イベント限定)
・移動力:3 ・攻撃/必殺属性:闇/毒 ・弱点:火
・ヒーラー ・汎用性:A ・防衛適正:A

f:id:jackallsasaki:20190522005812j:plain

 期間限定イベントの共闘クエストで入手できた1匹。死んだ怪獣を復活させるという、ある意味で最強のヒーラー。発動こそランダムだが、恩恵は非常に大きい。復活した怪獣は復活前のSPゲージを引き継ぐのもうれしいところ。ジェロニモン自身もそれなりに戦闘をこなせるのが強みで、移動力3の遠距離型は、ではジェロニモンとサラマンドラのみ。
 所持継承スキルはベターだがベストではないものばかりで、ブリーダーによってカスタマイズが大きく変わる。パラメータ配分はバランス型なので、ジェロニモン自身の生存率を高めるようなスキルを継承させてもいいし、アタッカーにしてもサポート専門にしても活躍できそう。アリーナ防衛でも固有スキルの厄介さを存分に発揮できるが、率先して狙われがちなので守りは固めておきたい。アリーナ襲撃先にいた場合、移動力の高さを突いてガンQやモチロンの攻撃集中効果の発動役になってもらおう。

 余談だが、最近のシリーズではツノが生えているんだそうです(『ウルトラマン』登場時には生えていなかった)。


宇宙怪獣 エレキング /遠/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/雷 ・弱点:火
・デバッファー ・汎用性:B ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522004341j:plain

 説明の必要がないほどの人気怪獣で、実力も申し分ないのに『ウルバト』ではなぜか地味な印象がある。パラメータ配分に尖った部分が無いせいだろうか…? 

 エレキングが相手を倒すと、相手全員の防御力・回避率を中ダウンする固有スキルを持つ。ある程度狙わないと発動させにくいが、この弱体効果はかなり大きく、総攻撃で敵陣を壊滅できる。
 相手を想定したデバッファーとしてはジャミラ、マガパンドンなどライバルが多いが、状態異常の中でも群を抜いて強力な「気絶」を付与できる必殺技を持つのが強み(イベント「決戦!Uキラーザウルス」ではバキシムともども大活躍した)。優秀な必殺技や「攻撃力 小ダウン(全)」のスキルを持つため、以外の相手にもじゅうぶん対抗可能。


宇宙ロボット キングジョー /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/雷 ・弱点:雷
・タンク&デバッファー ・汎用性:C ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190603213209j:plain

 セブンの攻撃をことごとく跳ね返した頑強さは『ウルバト』でも健在で、所持継承スキルに「防御力(近) 大アップ」「防御力(遠) 大アップ」を両方持つ、現状唯一の怪獣。タイラントから「防御力 大アップ」も継承させれば鉄壁の要塞と化す。相手の防御力を中ダウンさせる、強力な固有スキルもウリの1つ。相手と隣接していないと発動しないが、このタフさなら敵陣に突っ込ませても安心だ。同じくのタンク型ロボット・エースロボットと比べるとパラメータが一回り高く、必殺技の範囲も大幅に広いのが頼もしい。ペダンの技術はヤプールをも上回る。


一角超獣 バキシム /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:E

f:id:jackallsasaki:20190522004417j:plain

 『エース』『メビウス』で見せた、空をパリーンと割ってのインパクト溢れる出現を固有スキルで再現。味方が倒されると倒した相手の周囲に瞬時にワープするというものだが、これがかなりの曲者。ワープ直後に自分のフェイズに移ればそのまま強襲できるが、相手フェイズの最初に発動してしまった場合、敵地に放り込まれてそのままボコボコにされかねない。バキシム自体は打たれ強くないので、かなりリスキーな能力と言える。継承スキル「反撃」はアリーナや高難易度クエストではほとんど発動できないだろう。
 クセのある固有スキルに比べ、必殺技は「超確率で相手を気絶」という強力なもの。気絶した相手は2ターンの間いっさい行動できず、反撃もできないので安全に仕留められる。並の怪獣なら必殺技が命中した時点で倒せるので、単体の強敵が出現するイベントクエスト向きの性能と言える。同じ気絶必殺技持ちのエレキングと比べると、バキシムのほうが射程が長く最大2体を巻き込めるうえ、気絶付与確率も高い。


蛾超獣 ドラゴリー /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/炎 ・弱点:氷
・アタッカー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522223055j:plain

 ムルチ(二代目)を素手で三枚おろしにした狂暴性を『ウルバト』でも遺憾なく発揮。固有スキルをレベル10まで上げると、100%の確率で反撃が可能になるという近距離型キラー。継承スキルのおかげで防御力を大幅に上げられるため、発動できる機会は多い。回避タンク型に次いで「反撃」を効果的に使える怪獣と言える。とは言え「遠距離型で攻撃する」「の近距離型アタッカーで一撃で倒す」など攻略法はいくらでもあるので、アリーナ防衛を任せるのは少々不安。足の遅さもあって相手の脅威になりにくい。
 必殺技は反撃を封じる効果で、同様の効果はゼットンの固有スキルくらいしかないのでなかなか貴重。汎用性は決して高くはないが、特定のボスにはかなり刺さりそう。


異次元超人 エースキラー /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/闇 ・弱点:光
・アタッカー&デバッファー ・汎用性:D ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522004451j:plain

 相手の弱化にも長けたアタッカー。固有スキルは攻撃を当てた相手の移動力を下げるものだが、発動時は当然ながらエースキラーは相手と隣接しているわけなので、実質的に「攻撃した相手からの攻撃を、エースキラーが引き受ける」効果とも言える。エースキラー自身は特にタフではないので、攻撃集中効果を発動しているタンクがいる場合でもない限りは微妙。もう1つの必殺技攻撃力を中ダウンさせる効果のほうがメインと言っていい。 

 こいつの本領は、やはりその強力無比な必殺技。元の威力も高く、追加効果で相手の防御力を超ダウンさせることができる。現状、エースキラーだけが持っている継承スキル「防御力 中ダウン(技)」も単純に強い。総合的に見ると、複数の怪獣を敵に回す通常クエストに出撃させるよりは、ウルトラ兄弟レベルの大物キラーとして運用したい性能と言える。


暴君怪獣 タイラント /近/★★★(ミッション限定)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/闇 ・弱点:風
・アタッカー ・汎用性:B ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190716150417j:plain

 キャラクター(怪獣・ウルトラ必殺技込み)を50体獲得するミッションの報酬で入手できる。オークションやショップで入手できない貴重な1体だが、その能力は折り紙付き。こいつの強さの源は所持継承スキルの豪華さにあり、特に「移動力 アップ」「防御力 大アップ」は垂涎モノ。攻撃・防御・弱化・回復と、マルチな能力を持っている辺りは合体怪獣らしい。

 パラメータ配分はアタッカー向きで、耐久もそれなりにある。継承スキルのおかげで移動力4で動けるのは大きな利点。アタッカーとして運用する場合は所持継承スキルだけでは少々物足りないので、攻撃アップ系は付けておきたい。
 スキルの継承役としては大活躍するため、何体か量産しておきたいところだが、オークションやショップでの購入は不可能。相性(力)DNAや万能DNAで★5まで進化させ、DNA抽出すれば4体まで増やすことができる。


うす怪獣 モチロン /近/★★★
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/地 ・弱点:火
・タンク ・汎用性:C ・防衛適正:B

f:id:jackallsasaki:20190522004512j:plain

 いろんな意味で『タロウ』を象徴する怪獣。正月のログインボーナスで入手できたので、持っている人も多いかも。
 攻撃を受けると攻撃集中効果が発揮され、相手の攻撃を引き付けられる固有スキルを持っている。味方を守る囮になれるため、CPU相手のクエスト攻略にはかなり有用。ただ、最近は敵CPUがやや賢くなり「いちばん近い怪獣」ではなく「いちばん効果的にダメージを与えられる怪獣」を優先して狙うようになってきているので、相手の射程範囲を意識しつつモチロンを先行させる必要が出てきた。敵味方が入り乱れる乱戦状態では元来タフなモチロンは狙われにくく、攻撃集中効果を発揮しにくくなることは意識しておきたい。

 同じ条件で攻撃集中効果を発揮するのタンクにはガンQがいる。モチロンの強みはパラメータが一回り高い点と、固有スキル発動で防御力も中アップする点。波状攻撃にも耐えやすくなるのでなかなか便利。
 多くの怪獣にとって有用な「HP 大アップ」の継承スキルを最初から所持しているのも特徴。限定怪獣ではないので手に入れやすいのもうれしいところ。お餅おいしい。


奇獣 ガンQ(コードNo.01) /遠/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/闇 ・弱点:光
・タンク ・汎用性:B ・防衛適正:B

f:id:jackallsasaki:20190522004531j:plain

 外見と名前のインパクトで『ガイア』怪獣の中では一際知名度が高い。攻撃を受けると攻撃集中効果を発揮し、囮役になる固有スキルを持つ。のタンクとしては、同様の固有スキルを持つモチロンがライバル。ガンQは攻撃集中効果が2ターンの間続くのが特徴で(モチロンは1ターン)、相手の動きを制限しやすいのが最大の利点。必殺技効果も、モチロンが「運 アップ」というタンクとしては微妙過ぎるものなのに対し、ガンQは広範囲に回避率 大ダウンをばらまくことが可能。
 所持継承スキルは「ガード」以外は少々物足りないので、HP・防御大アップ系を継承させたい。「回避率 中ダウン(速)」は効果こそ強力だが、ガンQよりものアタッカーやデバッファーに持たせたいスキル。


最強合体獣 キングオブモンス /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:光
・アタッカー 汎用性:C ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522005850j:plain

 ひたすら攻撃力に特化した性能で、その伸びしろは「最強」の名に恥じない。固有スキルが発動するたびに攻撃力&命中率が中アップ、おまけに必殺技でも攻撃力が超アップ。その攻撃は普段でも軽く2000を超え、スキル・必殺技の発動状況によっては4000近くまでアップする。固有スキルは「攻撃を受けた時」に発動するという、超コッヴやゴモラと同じタイプのもの。一般的なアタッカーに比べれば耐久はやや高めだが、高難度クエストやアリーナではそう何度も発動できるようなものではなかったりする。火力アップは固有スキルに頼り、継承スキルで耐久面を補うのもアリ。


無双鉄神 インペライザー /近/★★★
・移動力:3 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:雷
・アタッカー 汎用性:C ・防衛適正:D

f:id:jackallsasaki:20190522010032j:plain

 自らを回復・強化しながら戦える、変わり種のアタッカー。固有スキルは味方と隣接していると、行動終了時にHP中回復に加え、攻撃力が2ターンの間中アップする効果。移動力3を生かし、先陣切って敵陣に突っ込ませていける。素の回避率は並なので回避型タンクほどの安定感は無いが、リーダースキル・継承スキル・必殺技効果で回避率をアップできるのも特徴。ロボット怪獣らしくカスタマイズしがいがあり、攻撃特化・回避特化・防御強化など、継承スキルによって多彩な運用が考えられる。

 

 

土ノ魔王獣 マガグランドキング /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/地 ・弱点:風
・タンク&デバッファー ・汎用性:C ・防衛適正:暫定B

f:id:jackallsasaki:20190716151722j:plain

 本作配信直後からメインクエストで戦うことができたが、限定マーケットに登場したのは半年以上も経ってから。メインクエストのマガグランドキングはで、固有スキルからパラメータ配分まで完全な別物になっている。『オーブ』で披露した頑強さを考えればこちらのタンク型配分のほうがしっくりくる。
 所持継承スキルが豪華で、ガチガチに防御を固めることが可能。また、防御型タンクにしては必殺技攻撃力が高めなのも特徴。この威力なら、アリーナで別の防御型タンクを相手にするときでもそれなりに痛手を与えられるだろう。射程も前方3マス分とそこそこ広い。守りが硬いだけのタンクならいくらでもいるので、この必殺技の強烈さを活かしたい。守りはある程度犠牲になってしまうが、必殺技攻撃力か命中率 大アップを付けてやりたいところ。
 広範囲に攻撃力&防御力 小ダウンをばらまく固有スキルは地味ながら便利。効果は2ターンの間続くので、マガグランドキングを自フェイズの最初に行動させれば、続く味方が防御力 小ダウン×2状態の相手を攻撃できる。

 

火ノ魔王獣 マガパンドン /遠/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:氷
・デバッファー ・汎用性:C ・防衛適正:C

f:id:jackallsasaki:20190522005908j:plain

 魔王獣の中では現状唯一の限定マーケット怪獣。なにげに防御力(近)と防御力(遠)の数値が異なる最初の怪獣でもある。
 固有スキルは奇数ターンに火傷+防御力(遠)小ダウン、必殺技追加効果は攻撃力 中ダウンの効果を、それぞれ敵全体に及ぼす。現状では唯一無二のリーダースキル「SP獲得率小ダウン(全)」も含め、デバッファーとしての性能はなかなかのもの。これらの汎用性が高いため、にしか効果のない所持継承スキルがもったいなく感じるほど。「が主力のアリーナ防衛チームで対処を任せる」等のはっきりした運用目的がないのなら、個人的には継承スキルは全とっかえしても良いくらいに思う。

 

ベリアル融合獣 スカルゴモラ /近/★★★(限定マーケット)
・移動力:2 ・攻撃/必殺属性:無/火 ・弱点:水
・タンク&アタッカー ・汎用性:C ・防衛適正:A

f:id:jackallsasaki:20190620162658p:plain

 従来の防御型タンクをより極端にしたようなパラメータ配分で、全怪獣中ぶっちぎりのHPを誇る。融合元のゴモラとレッドキングからはタンクらしからぬ高い攻撃力と必殺技攻撃力を受け継いでおり、アタッカーとしてもそこそこの性能。自身のHPを回復できる必殺技、相手と隣接するだけで攻撃力・防御力をアップできる固有スキルも手堅く使いやすい。
 タフさだけなら間違いなくトップクラスなのだが、には優秀な防御型タンクがすでに何匹もいる点、防御力自体は他のタンクと比べると低めな点、攻撃集中効果を持っていない点が気になるところ。囮にするよりは「倒されにくいアタッカー」として活躍させたい。アリーナ防衛を任せるなら耐久を高めると同時にSPアップ系も継承させ、必殺技での回復を狙っていきたい。必殺技攻撃力ダウン系のデバッファーと組ませれば万全。

 

meattrain.hatenablog.com