ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

父ちゃんと新しいママ/『パワーパフガールズ』

 サークル誌の原稿に四苦八苦している。完全に行き詰ったので駿河屋のあんしん買取の作業を進めたら段ボール2つ分のブツが片付きました。テスト勉強とかと違って苦痛なわけではないのだが、やっぱなんかこう、気晴らしは必要です。そのノリで粗大ゴミの申請もコタツ布団の洗濯も確定申告も終わらせたし生き別れの兄も見つけた。そして生き別れの妹と祖父と叔父夫婦と従兄弟とその飼い猫も見つかり、突然おれの家に押しかけて共同生活! これから一体どうなっちゃうの~!? こうなったら全員スカルファックじゃ~い!! みたいな文章を真顔で粛々と書き続けています。

 


 

 アマプラで2016年版のパワーパフガールズが配信開始していたので全話観てしまった。

f:id:jackallsasaki:20190323235241j:plainf:id:jackallsasaki:20190323235245j:plain

 新シリーズ(左)は旧シリーズ(右)から間違い探しレベルの微妙なデザイン変更があるほか、声優も日米ともに一新。あちらではちょっと騒動になったらしいが、日本吹替はそんなに違和感なく聞ける。ナレーションと市長役の林家正蔵はどうもいまだに慣れないが…。

 ガールズたちも小学生になり、新キャラも続々登場し、ビジュアル面もかなり豪華になった。旧シリーズにあったデタラメ極まりない不健康な展開は鳴りを潜め、少々物足りない気がしなくもないがエンターテインメントとしては洗練されております。

 現在アマプラで観られる旧シリーズはテレビ東京放映版を基にしているが、なぜかところどころエピソードが抜けている。それらの封印エピソードと、テレ東で放映されなかったシーズン5以降はカートゥーンネットワークの公式チャンネルですべて観ることができます。ちなみにお蔵入りエピソードその1「ごめんなさい!」がこれ。

 

 

  でんぷん糊を食べる癖のせいで、クラスメイトにからかわれているエルマー少年。ガールズたちはそれを見逃さず…かと思いきや、バターカップは率先してエルマーいじめに加わるのであった。傷心のエルマーは、放射能汚染されたハエを糊と一緒に食べてしまい、体中が糊でできた巨大な怪物に変身、暴れまわって街を破壊する。どんな攻撃も糊の体で無効化してしまうエルマーにガールズは大ピンチ。ブロッサムとバブルスは「早くエルマーに謝って!」とバターカップに言うのだが、意地っ張りの彼女はなかなか素直に謝ることができず…。

 最終的にはちゃんと仲直りすることができてめでたしめでたし、よいこはケンカしてもちゃんと謝ろうね! というお話なのだが、エルマーはラストシーンでも元に戻らず、怪物のまま幼稚園で遊んでいた。

 悪ガキぶりが過ぎるバターカップの可愛らしさが目立つ回で、『パワーパフガールズ』の良いところとイカレたところが存分に詰まった象徴的なエピソードである。なんでこれがお蔵入りになったのかはみんなで考えてみましょう。