ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

ミリオン出版・B級ニュースマガジン「GON!」を適当に紹介する

f:id:jackallsasaki:20180922134649j:plain

 ミリオン出版が消えてしまう~~~ッ! というニュースで思い出したのが、大学時代アホみたいに熟読していた雑誌「GON!」である。B級ニュースマガジンと銘打ち、出どころの怪しいウワサ…芸能人情報からアンダーグラウンドネタ、怪奇な都市伝説など、なんでもかんでも扱っていた。その他にもVOWな街ネタ、体当たり検証企画、幅が広すぎる有名人インタビュー、漫画・映画・ゲームのレビュー、ただのエロ記事、何1つわからない怪文書など、とにかく「面白いものなら何でもアリ」を地で行く雑誌であり、おれが今の仕事に就いているのも、同人誌などに参加しているのもすべて「GON!」の影響が大きい。

 

 具体的にどういう雑誌だったのか、実際に見てもらったほうが早いと思うので、適当に1冊抜き出してパラパラとめくっていってみよう。久しぶりに本棚から引っ張り出して読み始めてしまったが、時間泥棒どころじゃねえんだよな。

f:id:jackallsasaki:20180922134822j:plain

 はい、2000年4月号の「GON!」です。定価390円。表紙には「日本一汚い川綾瀬川に巨大怪魚を発見!」「江古田のファミレスに古代人が出現!」「ジャンケン脱衣ゲームに暴力画像が!」「痛みなんか忘れさせてくれる歯医者のサービスとは?」等のうろんな文字列が並んでおり、「何一つ人生の役に立たないことしか書いてありませんよ」と親切に教えてくれている。こーいうのがコンビニに並んでたんだからいい時代だったよな。

 

f:id:jackallsasaki:20180922135205j:plain

 表紙を開くといきなり桃井はるこインタビュー。「ネクラなエンクミ(?)、アキバに参上!」の惹句がイイですね。「GON!」は地下アイドル発掘&追っかけみたいなことを当時からよくやってた印象。

 

f:id:jackallsasaki:20180922135451j:plain

 巻頭企画は「封印特撮大検証」。桃井はるこからいきなりコレかよ! 『獣人雪男』『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』『緯度0大作戦』などの映画、「怪奇大作戦」「ウルトラセブン」のお蔵入り回、アニメ「タイガーマスク」「猫目小僧」などにも触れている。

 

 

f:id:jackallsasaki:20180922135812j:plain

 続いては「トロピカルフィッシュを食べよう!」

 

f:id:jackallsasaki:20180922140013j:plain

 ピラニア、エンゼルフィッシュ、ネオンテトラといった普段は食べないような熱帯魚たちを、香草焼きやフィッシュアンドチップス、寿司などにして喰らう企画。感想は「食えないことはないけど淡泊」「同じ金で寿司食いに行った方がいい」とのことです。そりゃそうだ。

 

f:id:jackallsasaki:20180922140249j:plain

 「壊疽により手足を失った稀代の名女形 三代目沢村田之助激動の生涯」。アイドル、特撮、グルメと来て、急にこういう記事を脈絡なく突っ込んでくるのが「GON!」の良さです。書き手が好きな事しか書いてない感が全体から漂っているのが最高。

 

f:id:jackallsasaki:20180922140912j:plain

 デタラメ極まりないように見えて、わりと本編の描写を忠実になぞって膨らませている妄想ガンダム連載「ガンダム斜眼」。これ、メチャクチャ面白かったのでまとめて単行本で読みたいですね。

 

f:id:jackallsasaki:20180922141058j:plain

 「GON!」は読者との交流を大切にしており、「編集部に遊びにおいで!」と称して毎月編集部を読者に開放したりしていました。すげえな。読者投稿コーナーも豊富。「TVドロンジョ」は嫌いな芸能人の悪口が延々書かれているだけの人気コーナー。

 

f:id:jackallsasaki:20180922141259j:plain

 純粋なネタ投稿ページ「おはがきスタジアム」は、先鋭化が進み過ぎて「笑いの無いバカサイ」みたくなっていましたが、これまた猛烈に面白いのよ…。

 

f:id:jackallsasaki:20180922141447j:plain

 体当たり検証企画の1つ「学生服を着て18禁スポットに行こう!」。この辺、今のYoutuber、一昔前のテキストサイトのノリに近いかもしれません。現在ならマッハで炎上しかねないネタも大量に行われてましたが、本当に炎上した案件(アイコラとか)はほとんどなく、そこんとこに編集部のバランス感覚が伺えます。

 

f:id:jackallsasaki:20180922141757j:plain

 「韓国エロビデオ徹底解剖!」。このネタだけで本1冊作れるだろ、というアイデアが毎号ポンポン惜しみなく載ってるよなあ。

 

f:id:jackallsasaki:20180922141912j:plain

 「100円化粧品 その実力を大検証!」。100円ショップで売っているような化粧品て実際どーなの? という検証記事。ここまで見ていただいてお分かりの通り、ネタのバリエーションの広さがほんとハンパないんですよね。まさに雑誌、雑も雑。全体的にフォントも異様に小さく、読みやすさよりも情報詰め込むほうが第一じゃい、という気概を感じます。

 

 で、今紹介したのはこの号の5分の1以下でしかないわけですよ。こんな濃さの記事が毎月大量にポンポン読めたんですよ! 改めてすげえよ「GON!」は。

 時代の流れ、というかおそらくインターネットの台頭もあり、エロ雑誌への路線変更の後に消滅した「GON!」ですが、その遺伝子は「実話ナックルズ」等に受け継がれている。はずである。「GON!」の流れを継ぐモノ、具体的に追ってみればわりかし興味深い内容になりそうだな~と考えてます。おれ、路線変更前の「GON!」は数冊を残してほぼコンプリートしていたはずなんだよな~。いずれ「GON!」全記事クロニクルみたいな企画をやってみたいが、何年かかることやらという気分です。いつかやりたいよな~。