ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

この平和な島の何処かで/『忍風!肉とめし』

  休みだったので洗濯機の修理を呼び、昼寝をし、アボカドバーガーを食べ、Switch版『フォートナイト』をダウンロードし、フナムシの巣に注ぐ用のコーラを買うなどして過ごした。『ファークライ5』クリア。(以下ネタバレ) ラスボスのカルト教団の教祖を倒すと核爆弾が落ちてアメリカが滅亡し、主人公と教祖以外のキャラクターが全員死亡してそのままスタッフクレジットが流れる驚愕の展開。オープンワールドゲームなのでクリア後もやり残したミッション等を引き続きプレイできるが、核爆発などなかったかのように街も人々も無事である。ただ、メニュー画面とタイトル画面の背景に移る街並みが、クリア後は荒廃しきったものになっている。なんなんだよ。怖ぇーよ。

 このゲームはある程度ミッションをこなすと強制的にイベントが発生、主人公がカルト教団に囚われ、教団幹部のわけのわからない説教を長時間聴く羽目になるという展開が延々と続く。カルト教団に立ち向かうレジスタンス連中はどう考えても重武装が過ぎ、協力者となる連中も重火器マニアや国粋主義者をはじめ、カルト教団排除にかこつけて人を撃つのが楽しくてしょうがないようなイカレポンチも多数。その両者の対立の果てがアメリカ滅亡というのは相当にパンチの効いた皮肉に思える。AAAタイトルでやるシナリオじゃねえな。凄い。

 


 

f:id:jackallsasaki:20180615210629j:plain

 『忍風!肉とめし』1巻。三白眼の少女忍者・ハコベが、いろんな「肉とめし」料理のアイデアを集めるためになんかいろいろ活躍! 前作『おかゆネコ』のようなゆるいレシピ漫画で、酒のつまみにさっと作れそうなものも多数。

 吉田戦車の描く目つきの鋭い女性は特にかわいい。『伝染るんです。』や『鋼の人』みたいな初期短編集のモブはそれが顕著で、『殴るぞ』初期に出ていた若妻も久々の「目つき鋭い吉田女子」で嬉しく思ったものです。それが今回はメインヒロイン! 最高。