ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

怪物蟇法師/網元料理 徳造丸

 そういうわけでキンメダイを食べに伊豆まで行ってきた。スーパービュー踊り子号で2時間。昼前に伊豆稲取に到着。
 稲取は漁港が近い温泉街で、「雛のつるし飾り発祥の地」であることをやたらアピールしている。そのつるし雛とやらの事はよくわからなかったが、「雛の館」という公園の屋内足湯はなかなか良かった。そこそこ高温の湯が坂の多い温泉街を歩いてきた足にキく。タオル販売機もあるし、まんがも読み放題。

f:id:jackallsasaki:20180331235118j:plain

 目的の「網元料理 徳造丸」本店は港のすぐ側にありました。昼飯時なので多少列ができていた。この時期は予約は行っていないとの事。で、キンメダイの刺身としゃぶしゃぶと燻製と煮付けが食べられる「金目鯛づくし御前」を注文しまんた。あと地酒とマンボウのセンピロ(マンボウの腸)を頼む。
 マンボウやクジラの腸のことを“すごく長い”という意味で百尋というらしいが(一尋は1.8m)、稲取ではそれをさらに10倍にするんだろうか。酢味噌で味付けされていて臭みはなく、適度にコリコリした食感。

f:id:jackallsasaki:20180331235207j:plain


 で、キンメダイが来ました。うまいです。何故うまい。何故こんなにうまいのか。刺身はしつこくない程度に脂が乗っていて歯ごたえも良い。しゃぶしゃぶにすると、わずかに抜けた脂のぶん、しっかり旨味が増している。気がする。燻製はサラダと一緒に出てきて、まあうまいっちゃあうまいですが燻製はなんでもうまいからな。煮付け。煮付けは最高だ。味は染みているがしょっぱすぎず甘すぎず、柔らかな白身と相まって無限に食えそうな雰囲気。

f:id:jackallsasaki:20180331235238j:plain

 これらに加え吸い物、黄飯(要はサフランライス)、イカの三升漬け、野沢菜と生姜の和え物、ところてんなどが出てくる。満足した。満足はしたが、満足していない。もっと食べたい。刺身もゴソっとつまみたいし、しゃぶしゃぶももっとしゃぶしゃぶしたいし、煮付けも一尾くらい食いたい。食わせろ。食うぞ! 以上です。


 あとは伊豆高原の「さくらの里」で花見をしたり熱海でシースーを食ったりと観光をやらかしたあげくに帰宅し、酒を飲んで寝た。そのまま今も寝続けており、目覚めることは無かったという。