ジャッカルの日

世田谷の河童料理専門店「ジャッカル」店主の日記ブログ。

ゴリラVSびっくり看護婦/『スナックワールド』

 コンビニのイートインで酒を飲む人、わりと最近見かける。今日は生ハムをつまみながら優雅に白ワインを開けるおっちゃん2人組を見た。1時間後、郵便を出しにもう一度コンビニに行ったら、おでんをつまみにまだ飲んでいた。確かに、ヘタな居酒屋より品ぞろえはいいかもしれないな~。雰囲気は皆無だし、あれで話が弾むとしたら相当気の置けない仲なのではないか。
 個人的には酒を飲んでいようが、周りの人に迷惑(12時間居っぱなし、全部万引き、大声で『ドリフのパイのパイのパイ』を熱唱、嘔吐と同時に脱糞、執拗なシャカパチ、ランスがいるのに散弾を撃つ、電車で隣に座った男から異様なほど屁の臭いがする。タクワンでも持ってるのかな?と思ったが普通に屁だった、凍結された分際で「一般人と結婚したので迷惑にならないよう自分から凍結しました」と嘘をつく等)さえかけなければ別にいいかなあとは思うのだが、イートインでマルチの勧誘をしてる現場を見た時は流石に「それはないだろ」と思いましたね。せめて喫茶店に金落とすくらいしろよ。

 


 

 レベルファイブの『スナックワールド』というコンテンツがある。アニメ放送&コロコロとの漫画連載&ゲーム展開&ガチャ系のグッズ販売と、『妖怪ウォッチ』と同レベルの手厚い展開がなされていたはずなのだが、正直パッとしていない。アニメはまだまだ放送しているし、「シーズンパス」なるものも販売しているし、メーカー側は今しばらく、コンテンツを途絶えさせるつもりは無いっぽいが…。
 ニンテンドー3DSで発売されたゲームの方は『妖怪ウォッチバスターズ』に似すぎている気はするが、普通に遊べる出来である。ただ2017年8月発売というのは『スプラトゥーン2』『ドラゴンクエストXI』が出たばかりの時期であり、話題がかき消された感もある。スマホでもゲーム展開されるはずだったが、そちらは音沙汰なし。代わりにNintendo Switch版の発売が発表されている。
 なんでこんなことを突然言いはじめたかというと、ひょっとしたら『スナックワールド』の主人公は『アドベンチャー・タイム』を意識していたのでは? と最近ようやく思い至ったからです。パクリとは言わんが、「ファンタジーと現代、ギャグと冒険の融合」と、目指すべきところは一緒だったのかもしれないなと。違いは…商売根性が透けて見えるかどうかくらいかなあ。おわり。

f:id:jackallsasaki:20180124192634j:plain

 

f:id:jackallsasaki:20180124192614j:plain